HOME

空室が増えた場合の対処方法とは

積み木の家

本業とは別に長期間にわたって不動産経営をしていると、次第に保有している物件の稼働率が下がります。新しい物件を好む人が多いというのが稼働率低下の最大の理由であり、問題解決のためにはまず最初に不動産会社へ相談するべきです。
特に自社でリフォームも手掛ける不動産会社は、すぐに空室対策を提案してくれるので便利です。予算に合わせて手ごろなリフォームプランから選べるので、十分な資金が確保できなくても、水回りの設備などを充実させることは可能です。また女性の入居率が高いアパートやマンションの場合には、セキュリティを高めることが稼働率のアップにもつながります。とりわけ賃貸オーナーが魅力を感じているのは、すべての部屋にモニタ付きインターホンを設置する割安な施工プランです。
しかし古くなったマンションなどの空室対策として、最近では耐震リフォームが注目されています。建物の強度を高めると居住者も安心して暮らせるので、退去者が出るのを防げるからです。確かに耐震工事には大きな予算が必要ですが、完成後は建物の寿命も大幅に延ばせます。そのために兼業で賃貸不動産を経営している人は、長期的な視点でハイグレードな工事を業者に発注しています。

article

空室対策のサポートを活用して郊外で賃貸不動産を経営する方法

大都市中心部よりも少ない予算で広いマンションが買えるので、不動産投資の初心者は郊外の物件を選んでいます。オーナーチェンジ物件であれば購入直後から収入が得られますが、入居者が転勤などの事情で数か月…

≫more

家の模型を虫メガネで観察

一棟売りマンションへの投資で空室問題を解決する方法

本格的に不動産に投資をして安定した家賃収入を得るためには、資産価値の高い一棟売りのマンションを買うべきです。特にオーナーチェンジ物件は魅力的な投資対象ですが、購入後は速やかに空室対策を始めるのが…

≫more

資料と電卓

空室が増えた場合の対処方法とは

本業とは別に長期間にわたって不動産経営をしていると、次第に保有している物件の稼働率が下がります。新しい物件を好む人が多いというのが稼働率低下の最大の理由であり、問題解決のためにはまず最初に不動産…

≫more

積み木の家

経験が浅い賃貸アパート経営者向けの空室対策

中古アパートの購入は、賃貸経営に新規参入する場合のスタートラインです。しかしオーナーチェンジ物件であっても入居率が低いことが多いために、購入直後から適切な空室対策を実施することが重要です。経験の…

≫more

家の形をしたオブジェ