HOME

空室対策のサポートを活用して郊外で賃貸不動産を経営する方法

家の模型を虫メガネで観察

大都市中心部よりも少ない予算で広いマンションが買えるので、不動産投資の初心者は郊外の物件を選んでいます。オーナーチェンジ物件であれば購入直後から収入が得られますが、入居者が転勤などの事情で数か月程度で退去することもあります。
その場合には空室対策に強い不動産会社へ相談すると、個別の物件の状況に合わせて最適な解決方法を示してもらえます。家賃を相場よりも下げるのが最も手軽な空室対策ですが、リフォームで保有する物件の価値を高める方法もあります。
経営しているマンションをリフォームする場合には、地域の賃貸ニーズに合わせてプランを考えるべきです。賃貸管理のノウハウを持つ不動産会社の提案するプランを活用するのが、家賃を下げずに空室問題を解決する最善の方法です。また限られた予算で保有する物件をリフォームしたいときには、施工によって利便性が高まる個所を選ぶべきです。
最も人気のあるプランはシステムキッチンへの改造ですが、浴室の抜本的なリニューアルも好評です。また若い女性の入居を想定する場合には、お洒落な壁紙に張り替える方法もあります。室内のイメージを一新すると、新たな需要を掘り起こして、稼働率もスピーディーに高められます。

article

空室対策のサポートを活用して郊外で賃貸不動産を経営する方法

大都市中心部よりも少ない予算で広いマンションが買えるので、不動産投資の初心者は郊外の物件を選んでいます。オーナーチェンジ物件であれば購入直後から収入が得られますが、入居者が転勤などの事情で数か月…

≫more

家の模型を虫メガネで観察

一棟売りマンションへの投資で空室問題を解決する方法

本格的に不動産に投資をして安定した家賃収入を得るためには、資産価値の高い一棟売りのマンションを買うべきです。特にオーナーチェンジ物件は魅力的な投資対象ですが、購入後は速やかに空室対策を始めるのが…

≫more

資料と電卓

空室が増えた場合の対処方法とは

本業とは別に長期間にわたって不動産経営をしていると、次第に保有している物件の稼働率が下がります。新しい物件を好む人が多いというのが稼働率低下の最大の理由であり、問題解決のためにはまず最初に不動産…

≫more

積み木の家

経験が浅い賃貸アパート経営者向けの空室対策

中古アパートの購入は、賃貸経営に新規参入する場合のスタートラインです。しかしオーナーチェンジ物件であっても入居率が低いことが多いために、購入直後から適切な空室対策を実施することが重要です。経験の…

≫more

家の形をしたオブジェ