HOME

経験が浅い賃貸アパート経営者向けの空室対策

家の形をしたオブジェ

中古アパートの購入は、賃貸経営に新規参入する場合のスタートラインです。しかしオーナーチェンジ物件であっても入居率が低いことが多いために、購入直後から適切な空室対策を実施することが重要です。経験の浅いオーナー向けのサポートが完備した不動産会社へ相談すると、購入直後に直面する空室問題も早期に解決できます。
入居者が不満を持つことが空室率が高まる最大の原因であり、不動産会社の助言に従ってリフォーム工事を行うことが大切です。また家事が行いづらいことが退去の原因となることも多く、シングル向けの物件では2口コンロへの交換が退去者防止に役立ちます。一方で不人気の賃貸アパートは、洗濯機置場が設置されていない点が一番の特徴です。したがってリフォーム工事を行うときに、屋内に洗濯機置場を設置するだけでも、十分な空室対策になります。
しかし居住者の入居期間を長くすることが、安定経営を実現するための基本であり、そのためにはワンランク上のリフォーム工事を行うのが理想的です。特に古いアパートの入居率を高めたいときには役立つのは、すべての和室をフローリングにする工事です。ライフスタイルも変化しており、洋室化とシステムキッチンの導入で不動産経営の効率も高まります。

article

空室対策のサポートを活用して郊外で賃貸不動産を経営する方法

大都市中心部よりも少ない予算で広いマンションが買えるので、不動産投資の初心者は郊外の物件を選んでいます。オーナーチェンジ物件であれば購入直後から収入が得られますが、入居者が転勤などの事情で数か月…

≫more

家の模型を虫メガネで観察

一棟売りマンションへの投資で空室問題を解決する方法

本格的に不動産に投資をして安定した家賃収入を得るためには、資産価値の高い一棟売りのマンションを買うべきです。特にオーナーチェンジ物件は魅力的な投資対象ですが、購入後は速やかに空室対策を始めるのが…

≫more

資料と電卓

空室が増えた場合の対処方法とは

本業とは別に長期間にわたって不動産経営をしていると、次第に保有している物件の稼働率が下がります。新しい物件を好む人が多いというのが稼働率低下の最大の理由であり、問題解決のためにはまず最初に不動産…

≫more

積み木の家

経験が浅い賃貸アパート経営者向けの空室対策

中古アパートの購入は、賃貸経営に新規参入する場合のスタートラインです。しかしオーナーチェンジ物件であっても入居率が低いことが多いために、購入直後から適切な空室対策を実施することが重要です。経験の…

≫more

家の形をしたオブジェ