HOME

空室リスクは不動産会社への相談で防げます

不動産経営の空室対策として活用したいのが不動産会社へ相談することです。不動産会社は委託も請け負っており、契約した部屋数の賃貸収益の何割かを支払うことによって部屋の入居者募集から賃料の集金、退室の際のリフォームなどをすべて代行して対応してくれるので、安心です。特に入居者募集に関しは不動産会社が提供するサービスにて物件情報を手依拠するので、一から自分で募集する必要がなく、賃貸契約など高度な不動産知識も必要としないから手軽に行えます。
また、不動産会社へ相談するメリットはリフォームによる空室対策が行えます。古い物件を購入した際には入居ターゲットに応じたリフォームが必要ですが、不動産会社を利用することで最適なリフォームの提案を行ってくれるので、購入した不動産の地域のニーズに合った物件にすることができるから空室リスクを防げます。
そして、不動産会社によっては空室対策として保険を提供しています。委託した場合に空室が発生した際には一部を補償してくれるサービスも提供しているので、万が一空室が発生しても最低限の収入が得られます。ただし、不動産会社によって補償内容などに差があるので、不動産経営を検討する際にはまず相談して補償内容などを比較するとよいです。

不動産の空室対策で前向きに検討したいリフォーム

入居率が低いままでは家賃収入に悪影響が出てしまいますので、不動産経営において空室対策は看過できない課題です。ではどうやったら空室を減らせるのかと頭をひねって考えますが、空室対策に効果的だとされているのがリフォームです。空室の印象をよくするためのリフォームは、入居率のアップにつながる可能性が十分あります。

内覧で部屋を見た時に「素敵な部屋だ」と思われれば入居してもらいやすいですし、そう思われないと入居を見送られてしまいます。その明暗を分けるのがリフォームしているか否かというケースがありますので、リフォームを侮ることはできません。空室をリフォームしたことで入居希望者が増えれば万々歳ですので、リフォームについて不動産会社へ相談することが空室対策のはじめの一歩です。

リフォームすることによって部屋が見違えるようにきれいになることはよくあることなので、リフォームによる印象の変化には十二分期待できます。もちろんリフォームの内容によっては部屋の機能をさらに充実させることもできますので、機能面をパワーアップさせることもリフォームのいい影響に数えられます。空室対策に悩むケースはよくあることですが、リフォームがその解決策として有効です。

空室でお困りのオーナーは不動産会社へ相談を

マンション経営、投資用マンションで部屋がなかな入居されず、お困りのオーナーも多い事でしょう。どのようなマンションが人気があるのかなど、入居する人の目線に立って対策を考えなければ、空室の対策は出来ないでしょう。
不動産会社へ相談すればどういったニーズがあるのか、どのような方法があるのかなど経験や、知識が豊富ですので大きな力になってくれます。古い物件ですと、空室対策として出来る事は家賃を下げる事という固定概念があるかもしれません。けれど家賃を下げれば入居が決まるという訳ではなく、むしろ家賃が上がってもきれいな部屋に住みたいと思われる入居者が多いようです。
リフォームなどで部屋のイメージを一新して空室対策を行うことも出来ます。古い部屋でもリフォームをすることで新築マンションのような部屋になりますので、入居者が決まる確率が高まります。不動産会社なら空室のリフォームから空室対策、入居者の紹介、入居後の対応など一括で対応してくれるので、オーナーの負担は少なくて済みます。相談は無料ですので長年の空室に困っている、どのような対策をしたら良いか分からない、またはこれからマンションの経営、投資などしたいという方も気軽に相談してみましょう。


賃貸経営の空室問題を解決するなら空室のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?情報サイト【フドシル】ならきっと探している情報が見つかるのでチェックしてみてくださいね!

article

空室対策のサポートを活用して郊外で賃貸不動産を経営する方法

大都市中心部よりも少ない予算で広いマンションが買えるので、不動産投資の初心者は郊外の物件を選んでいます。オーナーチェンジ物件であれば購入直後から収入が得られますが、入居者が転勤などの事情で数か月…

≫more

家の模型を虫メガネで観察

一棟売りマンションへの投資で空室問題を解決する方法

本格的に不動産に投資をして安定した家賃収入を得るためには、資産価値の高い一棟売りのマンションを買うべきです。特にオーナーチェンジ物件は魅力的な投資対象ですが、購入後は速やかに空室対策を始めるのが…

≫more

資料と電卓

空室が増えた場合の対処方法とは

本業とは別に長期間にわたって不動産経営をしていると、次第に保有している物件の稼働率が下がります。新しい物件を好む人が多いというのが稼働率低下の最大の理由であり、問題解決のためにはまず最初に不動産…

≫more

積み木の家

経験が浅い賃貸アパート経営者向けの空室対策

中古アパートの購入は、賃貸経営に新規参入する場合のスタートラインです。しかしオーナーチェンジ物件であっても入居率が低いことが多いために、購入直後から適切な空室対策を実施することが重要です。経験の…

≫more

家の形をしたオブジェ